HOME>お役立ち情報>防犯機能が低下すると危険!ドア交換でトラブルから身を守ろう

防犯機能が低下すると危険!ドア交換でトラブルから身を守ろう

ドア

防犯性の高いドアの特徴

防犯を考えた場合、古いドアは外部からの侵入に弱く、ピッキングやこじあけて鍵を開けられるなどの被害にあいやすい面があります。最新のドアは、鍵を2つつけたり、ピッキングに強い防犯性を高めた鍵を使用したりするなど、防犯性が格段に向上しています。防犯対策がなされているドアは、スマートコントロールキーやコピーがしにくいディンプル錠などのピッキング防止機能、2つの鍵をつける2ロック方式があります。又、築年数が数年たつと隙間ができることがあります。この隙間にバ−ルを差し込まれてこじあけられないように、内側にガードプレートをつけておくと安心です。防犯性を高めるためには鍵を交換する方法もありますが、防犯機能が向上した鍵がついているドアに交換することも必要だと思います。

修理

ドア交換作業の流れ

ドア交換作業の流れは下記となります。ドア交換の作業は、取り替えを希望する人のところに伺い、状態をしっかり調べて現状を把握します。その調べた結果及び取り替えを希望する人の要望に基づき作業の見積書を作成します。見積もりに記載された内容を丁寧に分かりやすく説明し、取り替えを希望する人の疑問を解決します。そのあと古いドアを取り外し、不要な枠を切り取り新しい枠を取り付けます。そして新しいドアを取り付けます。作業は丁寧、綺麗に仕上げる必要があります。現場を調べた時に、その状態や交換を希望する人の希望によって、部品などを取り寄せる必要が発生した場合は後日の作業になる場合があります。すべての作業が終了後にお金の支払いとなります。

広告募集中